高齢者の介護は誰が担うべきか述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数521
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「高齢者の介護は誰が担うべきか述べなさい。」
     1 高齢化社会について
     今、日本は女性の出生率の低下や平均寿命の延長により急激な少子高齢化社会を迎えている。では高齢化社会とはなんだろうか。高齢化社会とは、総人口における65歳以上の比率が高くなっていくことをいう。高齢化社会には三つの段階があり、まず、 高齢化率 (65歳以上の人口が総人口に占める割合)の7%~14%が高齢化社会、14%~21%が高齢社会、21%以上が超高齢社会とある。日本は1970年( 昭和45年 )に高齢化社会に、1994年( 平成6年 )に高齢社会になり、そして現在2007年( 平成19年 )には超高齢社会となってしまった。
    その高齢化社会の大きな原因として女性の合計特殊出生率(女性が一生の間に子供を生む数)の著しい低下が挙げられる。1970年の合計特殊出生率は2.135で最低でも二人は生んでいることになる。だが、2005年(平成17年)には1.260という数字が出ている。合計特殊出生率の低下の原因として考えられるのは、まず、日本の経済力の低下により子供を育てられる余裕がない家庭が増えてきていることが挙げられる。次に考えられるのは、多くの女性が社会に出て働くようになったことである。昔の日本は「男は仕事、女は家庭」といわれ、子供を生むことが女性の役割として残っていました。時代が変わり男女平等が言われるようになり女性も男性と同じように働くようになり、男性と共働きで生活する家庭が子供を見る時間がなくなってしまうということがあげられる。
    つぎに平均寿命の延長が考えられる。昭和30年時の平均寿命は男63.60歳、女67.75歳となっていた。そして、平成17年度の平均寿命は男78.53歳、女85.49歳となっている。なぜこんなに平均寿命が延びたのだろうか。日本は1947年~1949年(昭和22~24年)に第1次 ベビーブーム と1971年~1974年(昭和46年~49年) に第2次ベビーブーム を迎え、今ちょうど第1次 ベビーブーム の世代の人々が65歳前後になり、高齢者が増え、合計特殊出生率が低下してきた世の中で高齢者が増えたからである。このように、少子高齢化は着実に進みたくさんの高齢者達の未来をどうしていくべきなのか、どのような政策や対策をとっていくのか、国民自身の意識をどのように変えていくのかということがとても重要である。
    2 在宅介護と施設介護について
    この少子高齢化の社会で、お年寄りのお世話をする場所や人が必要になってくる。ここでは、在宅介護と施設介護の比較について述べていきたいと思う。まずは在宅介護と施設介護について説明したいと思う。施設介護とは主に老人ホームや特別養護施設などのことをいい、在宅介護とは、基本的には家に住み
    定期的にホームヘルパー又は介護福祉士が家に訪れ介護することである。
    施設介護のメリットは、在宅介護と比べると設備が充実している、家族への負担が少ない、介護福祉士という介護のプロが24時間待機しているので安心できる、ほかの人たちと親睦が深めやすいなどである。デメリットはかなりのお金がかかる、入れる場所が少ない、家族に会う機会が在宅介護に比べると少ない、なれない土地に住まなければならないなどの問題も抱えている。中でも一番の問題はお金と入所できる施設の数である。年間150万から200万以上かかるし、いざ入所しようとしても一年待ちなどかなりの人が入っている。だが家族への負担がかなり小さいので家族は仕事に専念できる。
    在宅介護のメリットは、自宅で介護を受けられるの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「高齢者の介護は誰が担うべきか述べなさい。」
     1 高齢化社会について
     今、日本は女性の出生率の低下や平均寿命の延長により急激な少子高齢化社会を迎えている。では高齢化社会とはなんだろうか。高齢化社会とは、総人口における65歳以上の比率が高くなっていくことをいう。高齢化社会には三つの段階があり、まず、 高齢化率 (65歳以上の人口が総人口に占める割合)の7%~14%が高齢化社会、14%~21%が高齢社会、21%以上が超高齢社会とある。日本は1970年( 昭和45年 )に高齢化社会に、1994年( 平成6年 )に高齢社会になり、そして現在2007年( 平成19年 )には超高齢社会となってしまった。
    その高齢化社会の大きな原因として女性の合計特殊出生率(女性が一生の間に子供を生む数)の著しい低下が挙げられる。1970年の合計特殊出生率は2.135で最低でも二人は生んでいることになる。だが、2005年(平成17年)には1.260という数字が出ている。合計特殊出生率の低下の原因として考えられるのは、まず、日本の経済力の低下により子供を育てられる余裕がない家庭が増えてきていることが挙げられる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。