パニック障害の症状について、例をあげて説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数419
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    パニック障害は、突発的な激しい発作、強い不安感を生じる精神疾患であり、主な症状として「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」があげられる。「パニック発作」は、パニック障害の基盤となる症状で、突発的に強い不安を感じ、動悸や呼吸困難などの発作を起こすものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】パニック障害について、以下の二点を説明しなさい。
    パニック障害の症状について、例をあげて説明しなさい。
    パニック障害を抱えている人に対して、周囲はどのように接する必要があるか、具体的に述べなさい。
    パニック障害の症状について
     パニック障害は、突発的な激しい発作、強い不安感を生じる精神疾患であり、主な症状として「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」があげられる。
     「パニック発作」は、パニック障害の基盤となる症状で、突発的に強い不安を感じ、動悸や呼吸困難などの発作を起こすものである。この発作は周囲の環境や精神状態に関係なく突然起こるもので、10分以内にピークに達する。持続時間はおおむね数分から数十分ほどで、1時間以内には自然に収まる。
     パニック障害が進行すると、パニック発作は突如起こるものから特定の状況下で起こるものへと変化し、発作の頻度も1か月から数か月に一回程度だったものが1週間に一回など高くなってくる。こうしてパニック発作を何度も起こすことで、「次はいつ発作が起こるのか」と不安を感じるようになり、これを「予期不安」という。予期不安はいつも不安を感じる場合や1日に数回程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。