教師に求められる資質・能力について、自分はどのような教師になろうとしているのか、どのように自分を高めようとしているのかを書きなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,303
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教師は「自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない(教育基本法第9条第1項)」存在である。教師が子供を教育していく中で、教師の子供に対する言動や関わり方・立ち振る舞いは子供の人格形成に大きな影響を与えることがある。よって、教師はこのことを自覚し、よき人格者・先駆者であることが求められる。教師に求められる資質・能力について、自分がそうありたいと考える教師のすがたと絡めながら述べていきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】教師は、子どもの発達をうながすだけでなく、家庭、社会、国家につながっていることを自覚する必要があると言われている。そのためには、教師としての資質と能力が求められる。教科書第一章を参考にしながら、自分はどのような教師になろうとしているのか、どのように自分を高めようとしているのかを書きなさい。
     教師は「自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない(教育基本法第9条第1項)」存在である。教師が子供を教育していく中で、教師の子供に対する言動や関わり方・立ち振る舞いは子供の人格形成に大きな影響を与えることがある。よって、教師はこのことを自覚し、よき人格者・先駆者であることが求められる。教師に求められる資質・能力について、自分がそうありたいと考える教師のすがたと絡めながら述べていきたい。
    『いつの時代にも求められる資質能力』
     私は、教師とは子供の手本となる存在であって、かれらの身近にいるおとなとして、かれらを正しく導くことができなければならないと考える。世代や地域に関係なく、相手に不快感を与えない立ち振る舞いを心がけ、豊かな教養と深い愛情を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。