各時期に適した活動や経験についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数180
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発達保育幼児言語遊び自立言葉保育原理

    代表キーワード

    保育原理

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】各時期に適した活動や経験についてまとめなさい。
     乳幼児の適切な発達のためには、発達段階に応じた適切な親子の関わりや友達との遊びの経験が必要となる。乳幼児の発達特徴をもとに、それぞれの時期に適した生活のなかでの行動をまとめ、以下に述べる。
     新生児期から乳児期にかけては、急速な全身発達と外界の把握が行われる時期である。この期間には、感覚機能や初期的な愛着形成のために、豊かな母性行動を促すことが重要である。母親とのさまざまなコミュニケーションを大切にし、人間関係の基礎を築くことが大切である。乳児保育においては、睡眠や食事の回数などの生活のリズムを確立できるよう乳児ひとりひとりに対する個別の配慮が求められる。0歳児は周囲の環境に対する好奇心が強く、これを伸ばすためにさまざまな環境刺激を用意し、触れさせることが必要である。好奇心を原動力として、さまざまな経験への取っ掛かりを見つけていくことが大切といえる。また、乳児期は動くものに対して心を引きつけられる時期であり、特に人間に対する興味関心が最も強い。母親の声や姿を追って、顔を動かし、這いまわり、次第に自分をとりまく世界を探索していくの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。