福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数747
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     福祉専門職とは、所定の教育・訓練によって社会福祉の専門知識・技術・倫理を習得し、援助を必要とする生活者に対する福祉活動を行い、またその自立を促し、問題解決を図る能力を有する者を指す。ここでは、その必要とされる能力と倫理についてまとめていく。
     現在の日本では、国民の生活様式や社会における福祉制度・サービスがめまぐるしく変化している。少子高齢化により介護の需要が高まり、それにより福祉ニーズが多様化している。また、クオリティ・オブ・ライフが追求されるようになり、そのための新たな社会福祉サービスも求められるようになってきた。これに伴って行政の政策にも大きな変化が見られる。従来の社会福祉政策は、障碍者� �生活困窮者などの限定された人々に対して国や地方公共団体が画一的なサービスを提供するものであったが、現在では福祉ニーズの多様化に応えるために、民間事業者によるサービスを拡充させ、利用者自身がサービスを選択できるようになっている。また、サービスの質を維持するため、福祉事業を行う者にはその専門性や高い能力を持たせる必要が出てきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     【設題】福祉専門職者に必要な倫理と能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。
     福祉専門職とは、所定の教育・訓練によって社会福祉の専門知識・技術・倫理を習得し、援助を必要とする生活者に対する福祉活動を行い、またその自立を促し、問題解決を図る能力を有する者を指す。ここでは、その必要とされる能力と倫理についてまとめていく。
     現在の日本では、国民の生活様式や社会における福祉制度・サービスがめまぐるしく変化している。少子高齢化により介護の需要が高まり、それにより福祉ニーズが多様化している。また、クオリティ・オブ・ライフが追求されるようになり、そのための新たな社会福祉サービスも求められるようになってきた。これに伴って行政の政策にも大きな変化が見られる。従来の社会福祉政策は、障碍者や生活困窮者などの限定された人々に対して国や地方公共団体が画一的なサービスを提供するものであったが、現在では福祉ニーズの多様化に応えるために、民間事業者によるサービスを拡充させ、利用者自身がサービスを選択できるようになっている。また、サービスの質を維持するため、福祉事業を行う者にはその専門性や高い能力を持たせる必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。