コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数778
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在、コンピュータはさまざまなものが使用されている。そのほとんどがプログラム内蔵・読み込み方式の電算機である。また、LSI(大規模集積回路)やVLSI(超大規模集積回路)で構成されていることも共通している。このようなコンピュータがどのように発展してきたか、現状についてまとめるとともに、今後のインターネットにおける展望について述べる。
     コンピュータは、元来計算をする人や計算用の機器一般を意味する語であるが、現在ではプログラム内蔵・読み込み方式の電算機をさす場合がほとんどである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。
     現在、コンピュータはさまざまなものが使用されている。そのほとんどがプログラム内蔵・読み込み方式の電算機である。また、LSI(大規模集積回路)やVLSI(超大規模集積回路)で構成されていることも共通している。このようなコンピュータがどのように発展してきたか、現状についてまとめるとともに、今後のインターネットにおける展望について述べる。
     コンピュータは、元来計算をする人や計算用の機器一般を意味する語であるが、現在ではプログラム内蔵・読み込み方式の電算機をさす場合がほとんどである。
     プログラムを内蔵しそれを実行するという方式は、現在のコンピュータにとって非常に重要な概念である。これは、処理の手順を与えるプログラムをあらかじめコンピュータ内部に記憶し、それを順次参照しながら実行していくものである。
     第1世代から第3世代までのコンピュータの歴史は汎用大型機の進歩を示すものである。この頃のコンピュータは非常に高価なものであり、主に大学や研究所、企業の計算センターに設置され、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。