「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数889
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在、日本の社会は急激に少子高齢化している。高齢化については医学の進歩や生活様式の変化などにより説明がつくが、少子化については個人の選択的要因などもあり、極めて社会的な問題となっている。2005年には合計特殊出生率1.26という過去最低の数値が記録された。2006年には1.32まで持ち直したが、それでも人口維持に必要とされる2.08には届いていない。そこで、この少子化問題について以下に述べる。
     少子化の要因は、大きく3つに分けてとらえられる。まず挙げられるのは「晩婚化」である。女性が高学歴化し、継続的で安定した職業を求めるようになってきた。職業的な安定は経済的にも余裕をもたらすこととなり、女性の社会的地位も向上する。結果、婚姻時期が遅くなってきているのだ。
     また「非婚化」も問題となっている。これは晩婚化の延長線上にあるもので、結婚生活や子育てに追われることなく、「ひとりの女性」として自立を目指そうとするものである。このような傾向は男性にも見られ、婚姻関係を結ばない以上、子どもも増えないということになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     【設題】「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。
     現在、日本の社会は急激に少子高齢化している。高齢化については医学の進歩や生活様式の変化などにより説明がつくが、少子化については個人の選択的要因などもあり、極めて社会的な問題となっている。2005年には合計特殊出生率1.26という過去最低の数値が記録された。2006年には1.32まで持ち直したが、それでも人口維持に必要とされる2.08には届いていない。そこで、この少子化問題について以下に述べる。
     少子化の要因は、大きく3つに分けてとらえられる。まず挙げられるのは「晩婚化」である。女性が高学歴化し、継続的で安定した職業を求めるようになってきた。職業的な安定は経済的にも余裕をもたらすこととなり、女性の社会的地位も向上する。結果、婚姻時期が遅くなってきているのだ。
     また「非婚化」も問題となっている。これは晩婚化の延長線上にあるもので、結婚生活や子育てに追われることなく、「ひとりの女性」として自立を目指そうとするものである。このような傾向は男性にも見られ、婚姻関係を結ばない以上、子どもも増えないということになる。
     婚姻関係にあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。