コンピュータなどの情報機器を学校教育において活用することの、利点及び留意すべき点を、具体的な事例を挙げて、それぞれ述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数959
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現代社会は情報化が進み、パーソナルコンピュータをはじめとする情報機器が広く普及するようになった。学校教育においても、児童の「情報活用能力」を伸ばす「情報教育」が文部科学省から提案されている。情報機器の利用が学校教育にどのような影響を及ぼすのかを考える。
     情報活用能力とは、「情報の科学的な理解」、「情報活用の実践力」、「情報社会に参画する態度」の3つの要素から成り立つものである。それぞれ、情報手段の仕組みや人間の知覚特性の理解、必要な情報の選択や適切な手段の利用、情報社会の役割や問題を認知した上での態度などの能力であり、日本の情報教育はこれらを� �とし、育成しようとするものである。
     情報機器を利用する利点については、情報の収集・発信が容易であることや、視覚的に分かりやすい情報を得られることなどが挙げられる。以下に具体例を挙げ、問題点も指摘しながら細かく説明していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】コンピュータなどの情報機器を学校教育において活用することの、利点及び留意すべき点を、具体的な事例を挙げて、それぞれ述べよ。
     現代社会は情報化が進み、パーソナルコンピュータをはじめとする情報機器が広く普及するようになった。学校教育においても、児童の「情報活用能力」を伸ばす「情報教育」が文部科学省から提案されている。情報機器の利用が学校教育にどのような影響を及ぼすのかを考える。
     情報活用能力とは、「情報の科学的な理解」、「情報活用の実践力」、「情報社会に参画する態度」の3つの要素から成り立つものである。それぞれ、情報手段の仕組みや人間の知覚特性の理解、必要な情報の選択や適切な手段の利用、情報社会の役割や問題を認知した上での態度などの能力であり、日本の情報教育はこれらを柱とし、育成しようとするものである。
     情報機器を利用する利点については、情報の収集・発信が容易であることや、視覚的に分かりやすい情報を得られることなどが挙げられる。以下に具体例を挙げ、問題点も指摘しながら細かく説明していく。
     情報の収集に関して、一般的なものはWebの利用である。Web上の検索エンジンを利用すれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。