特別なニーズを持つ家族とその援助について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,032
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     保育者が家族を支援・援助する際に、特殊な事情を抱えたケースについて対応するには、特有の状況の把握と理解、適切な情報の提供、必要に応じた他機関との連携が重要である。特殊な状況の正しい理解と適切な情報判断のためには、一般的な子育ての知識だけでなく、様々な状況によって起こる家族への影響や問題への対応方法など、特別な知識が必要となる。また、保育者がひとりで対応にあたるのではなく、適切な対処のできる機関や周りの人と連携を取り、無理に問題を抱え込まない姿勢も重要となる。保育者は、援助の対象となる家族が何を求めているのかを適切に判断し、家族が自らの判断で行動できるよう配慮しなければならない。特別なニーズを持つ家族に対して援助を行う 際は、各支援機関が連携を取り、家族が必要としている援助を相互に補完し合う地域ケアが重要であり、家族のニーズを把握し、必要な支援を充分に行うことでそのニーズを充足することが必要である。
     さまざまな障害や、情緒的な扱いにくさのあるこどもを持つ親をフォローする際には、それらの問題に対応するための適切な知識と、そして経験が必要である。医学的検査によって明確に診断がなされる障害はごく一部であり、病名の有無に関わらず、ほとんどの親は乳幼児期にはこどもの障害を受け入れることができない。「こどものいる家庭」というものをイメージするとき、一般的に家族の誰もが健康で、幸せな満たされた家庭をイメージするものであるが、障害の存在はこの価値観を崩す喪失体験を引き起こす。保育者は、障害の受容は人が一生 をかけてもできるかどうか難しい、重く深い課題であることを充分に認識しておくことが求められる。親が訴えるこどもの問題を、保育者はそのまま鵜呑みにせず、客観的に見たこどもの発達状態や問題を考え、こどもに対して何をしてあげることが大切なのかを捉え、親の心理状態や考え方などにも配慮しながら伝えていくことが必要である。また、保育者だけが援助を行うのではなく、他の援助機関を紹介し、援助者が役割分担を行ってそれぞれの仕事に専念できるようにすることも重要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】特別なニーズを持つ家族とその援助について述べよ。
     保育者が家族を支援・援助する際に、特殊な事情を抱えたケースについて対応するには、特有の状況の把握と理解、適切な情報の提供、必要に応じた他機関との連携が重要である。特殊な状況の正しい理解と適切な情報判断のためには、一般的な子育ての知識だけでなく、様々な状況によって起こる家族への影響や問題への対応方法など、特別な知識が必要となる。また、保育者がひとりで対応にあたるのではなく、適切な対処のできる機関や周りの人と連携を取り、無理に問題を抱え込まない姿勢も重要となる。保育者は、援助の対象となる家族が何を求めているのかを適切に判断し、家族が自らの判断で行動できるよう配慮しなければならない。特別なニーズを持つ家族に対して援助を行う際は、各支援機関が連携を取り、家族が必要としている援助を相互に補完し合う地域ケアが重要であり、家族のニーズを把握し、必要な支援を充分に行うことでそのニーズを充足することが必要である。
     さまざまな障害や、情緒的な扱いにくさのあるこどもを持つ親をフォローする際には、それらの問題に対応するための適切な知識と、そして経験..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。