クラシックの代表的作曲家について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数701
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども保育ドイツ影響オペラ音楽I

    代表キーワード

    環境保育

    資料紹介

    子どもの成長の過程において、音や音楽は大きな影響を持つものである。これをふまえ、バロック音楽の代表的作曲家であり、「音楽の母」とも呼ばれるヘンデル(ハンデル)について述べる。
     ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルは、1865年2月23日、ドイツ北東のハレに生まれた。ヘンデルの家系は銅細工師であり、家業の世襲が一般的であった当時においては、ヘンデルが音楽家への道を志したことは珍しいことであった。特に父親からは大きな反対を受けたとされているが、宮廷で公爵に音楽の才能を認められ、1694年、ハレ聖母マリア教会オルガニストのフリードリヒ・ヴィリヘルム・ツァハウに師事し、音楽を学ぶ。
     1702年、父の期待を受けハレ大学の法科に入学するが、音楽への情熱を捨てきれず、 カルヴァン派大聖堂で見習いオルガニストとなった。翌年、師ツァハウの薦めによりハンブルクへ渡り、ハンブルクオペラ(歌劇)のヴァイオリン奏者、ついで通奏低音奏者となった。翌年、オペラ「アルミラ」を作曲し、1705年の初演で大成功を収めることとなる。
     ヘンデルはオペラこそが自らの進むべき世界であると考え、1706年に当時の音楽の最先端地域であったイタリアへ向かった。ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ナポリなどを回り、イタリア楽壇の大御所たちと交流を持ち、優れたオルガン奏者、チェンバロ奏者として歓迎された。また、「ロドリゴ」「アグリッピーナ」といつたイタリアオペラの作曲も行い、イタリア人から賞賛された。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     【設題】クラシックの代表的作曲家について
     子どもの成長の過程において、音や音楽は大きな影響を持つものである。これをふまえ、バロック音楽の代表的作曲家であり、「音楽の母」とも呼ばれるヘンデル(ハンデル)について述べる。
     ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルは、1865年2月23日、ドイツ北東のハレに生まれた。ヘンデルの家系は銅細工師であり、家業の世襲が一般的であった当時においては、ヘンデルが音楽家への道を志したことは珍しいことであった。特に父親からは大きな反対を受けたとされているが、宮廷で公爵に音楽の才能を認められ、1694年、ハレ聖母マリア教会オルガニストのフリードリヒ・ヴィリヘルム・ツァハウに師事し、音楽を学ぶ。
     1702年、父の期待を受けハレ大学の法科に入学するが、音楽への情熱を捨てきれず、カルヴァン派大聖堂で見習いオルガニストとなった。翌年、師ツァハウの薦めによりハンブルクへ渡り、ハンブルクオペラ(歌劇)のヴァイオリン奏者、ついで通奏低音奏者となった。翌年、オペラ「アルミラ」を作曲し、1705年の初演で大成功を収めることとなる。
     ヘンデルはオペラこそが自らの進むべき世界であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。