悪性新生物による死亡率の増加をふまえ、がんの一次予防と二次予防について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数405
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    悪性新生物(がん)は、変異した細胞が異常増殖を起こし、周囲の組織を侵して生体機能に異常をもたらすものである。悪性新生物による死亡は日本人の死因の第1位を占めており、健康的な生活のためにこの予防・改善が求められている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    悪性新生物による死亡率の増加をふまえ、がんの一次予防と二次予防について述べよ。
     悪性新生物(がん)は、変異した細胞が異常増殖を起こし、周囲の組織を侵して生体機能に異常をもたらすものである。悪性新生物による死亡は日本人の死因の第1位を占めており、健康的な生活のためにこの予防・改善が求められている。
    悪性新生物による死亡を減らすために必要な対策として、まず考えられるのは健康な状態をたもつ(一次予防)ことである。悪性新生物による死亡を部位別にみると、もっとも多い胃がんは横ばいであるのに対し、その他の部位(肺・大腸・肝臓など)は増加している。これはライフスタイルの変化(食生活の欧米化・夜間活動時間の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。