日本の出生率低下(少子化)の原因を調べ、今後どのような対策が必要であるかについて自分の意見を述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数809
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    近年、先進国では少子高齢化が進んでおり、日本においてはとくにその傾向が顕著にみられ、それに伴う国家財政の悪化等が問題視されている。少子化については2005年に合計特殊出生率が1.26という過去最低の数値となっており、人口維持のためにこれを解決していくための対策が求められている。そこで、この少子化傾向の原因とその対策について述べる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の出生率低下(少子化)の原因を調べ、今後どのような対策が必要であるかについて自分の意見を述べなさい。
     近年、先進国では少子高齢化が進んでおり、日本においてはとくにその傾向が顕著にみられ、それに伴う国家財政の悪化等が問題視されている。少子化については2005年に合計特殊出生率が1.26という過去最低の数値となっており、人口維持のためにこれを解決していくための対策が求められている。そこで、この少子化傾向の原因とその対策について述べる。
     少子化の要因は、主に「婚姻率の低下」「出産年齢の上昇」「出産数の低下」が挙げられる。婚姻率*1については、2010年が5.5(人口千対)・2011年が5.2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。