なぜ特別支援教育が求められているのか述べなさい(発達障害をふまえて)。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数770
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    特別支援教育は、これまでの障害児を中心とする特殊教育から、ADHDやアスペルガー症候群などの知的な遅れのない発達障害を含む、広く支援を必要とする児童に対して特別な教育を行うものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ特別支援教育が求められているのか述べなさい(発達障害をふまえて)。
     特別支援教育は、これまでの障害児を中心とする特殊教育から、ADHDやアスペルガー症候群などの知的な遅れのない発達障害を含む、広く支援を必要とする児童に対して特別な教育を行うものである。このことをふまえながら、特別支援教育の実際やその在り方について以下に述べる。
    発達障害は典型的な知的障害に比べ、言葉の遅れや学習における問題が少ないことが多く、表面的な障害が見えにくいため、乳幼児検診などで発見されずに診断が遅れてしまうことが多くある。発達障害児に対する支援は、早期に行われることでより高い効果を示すため、知的な遅れ以外の様々な独特の行動に目を配り、これを早期に発見することが重要であるといえる。また、支援を行う際には、認知療法的・教育的な対応を行うことが有効であることに留意すべきである。発達障害の児童はコミュニケーション能力に問題を抱えている場合が多く、このことを念頭において会話や指示を行うことが必要である。特定の状況に対して知覚過敏であることも多くあるため、通級指導などの環境調節も有効である。
     これまでの特殊教育に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。