グループ比較デザインと一事例研究について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数849
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グループ比較デザインと一事例研究について
    実験処置を加えた実験群と、処置を加えなかった対照群との差が、本当に実験処置によるものであるのか、それとも偶然のものであるのかを知る為には推測統計学の方法を用いる。推測統計学に基づいた実験計画は、実験群と対照群の差を検定することが基本となっている。推測統計では、背理法的な考え方で、「差がない」という前提で、調査や実験で生じた差が起こる確率を計算する。そして「差がない」という前提で実際の差が生じる確率が5%未満のとき、「差がない」という前提を棄てて、「差がある」と判断する。有意水準5%で有意差が見られた場合、この結果を信じるときに95%は信頼できるが、5%..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。