生活保護の種類と内容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数809
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活保護の種類と内容について
    生活保護には8つの扶助がある、基本は酔う保護者の必要に応じて給付するが、出産や葬祭などは毎月いくらと計算することが出来ない為、必要に応じて一時的に給付される。
    保護を行う場合、原則は住宅保護であるが、補完的に施設入所保護もある。扶助の方法も原則は現金普及であるが、施設入所保護の場合は対人サービスや物質サービスなど現物普及が基本となる。原則として保護者本人に直接交付される。
    以下に、8つの扶助を説明する。
    生活扶助
    生活扶助は、8種類の扶助の中で最も基本的な扶助である。大1類の飲食物費や被服費のように個人単位に消費する年齢別の生活費と、第2類の光熱水費や家具什器等の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。