福祉と教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数261
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    時々、「日本の教育って…」という言葉を耳にするが、はたして日本の教育はそこまで駄目なものなのだろうか。近年の教育制度と言えば、身近な所で、完全週5日制の“ゆとり教育”「学習者に焦燥感を感じさせずに、学習者自身の多様な能力を伸張させることをめざす教育のこと」、個性を伸ばし、継続性のある教育をしようとする “中高一貫教育”「前期中等教育(一般の中学校で行なわれている教育)と後期中等教育(一般の高等学校で行なわれている教育)の課程を調整し、無駄をはぶいて一貫性を持たせた体系的な教育方式のこと」等が挙げられる。しかし、一部では、その是非さえ問われていたりもする。
    日本人は日常、平仮名・カタカナ・漢字の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。