社会福祉士の社会的役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,814
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉士の社会的役割
    「社会福祉士及び介護福祉士法」とは、単独の身分法で定められたわが国最初の社会福祉士関係の国家資格であり、それまでの保育士資格や社会福祉主事任用資格に対して、対人サービスの担い手像を明確にした福祉専門職のあり方が模索され、福祉士制度の増設へと結実していくこととなった。
    目的として、社会福祉士及び介護福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、社会福祉の増進に寄与すること。社会福祉事業者を福祉士の有資格者でまとめ、わが国の社会福祉の発展を図ることである。
    社会福祉士は、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識・技術をもって、身体・精神上に障害がある、又は環境上の理由により日常生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。