日常生活や社会問題に貢献する実験心理研究について考察しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数640
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日常生活や社会問題に貢献する実験心理研究について考察しなさい
    現代の医学は大変進歩している。日に日に新しい薬が出来上がり、医療技術も進歩し、一昔前では治せなかった病気も今では治せるようになってきた。近い将来、不治の病とされている代表的な病気「がん」を完治させるような薬が出来るのではないだろうか。
    しかし、問題点もある。それは人間が薬に頼りすぎている面である。鎮痛剤を例に挙げるが、鎮痛剤は依存性のある薬物である。我慢できる程度の痛みでも薬を飲んでしまうと、耐性が出来て、我慢出来ない痛みの時に通常の量では薬が効かなくなる恐れがある。飲まなければならない薬も確かにあるが、飲まなくても大丈夫な薬を飲み続けることは、大きな危険をはらむ事になる。
    最近になってやっと、医療技術の面だけでなくほかの面も注目を集めるようになってきた。それは「自然治癒力」である。自然治癒力とは生体がストレス耐性により、傷の治癒や、病気になっても回復する力のことで、薬に頼らず、人間に備わっている治癒力を最大限に活用しようということである。自然治癒力を最大限に発揮する為には、患者のストレスを最小限に抑え、心身ともにリラックスしていることが必要である。そのため、近年の医療現場では良い香りで心のリラックス効果をはかる「アロマ・テラピー」や、特定の部位を押すなどのマッサージをして疲労の改善を図る「リフレクソロジー」、音楽を聞いたり、演奏したり、歌ったりしてリラクゼーションを図る「ミュージック・ヒーリング」など様々な方法が取り入れられるようになってきた。
    そこで筆者が今注目しているのは「オーラソーマ」である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日常生活や社会問題に貢献する実験心理研究について考察しなさい
    現代の医学は大変進歩している。日に日に新しい薬が出来上がり、医療技術も進歩し、一昔前では治せなかった病気も今では治せるようになってきた。近い将来、不治の病とされている代表的な病気「がん」を完治させるような薬が出来るのではないだろうか。
    しかし、問題点もある。それは人間が薬に頼りすぎている面である。鎮痛剤を例に挙げるが、鎮痛剤は依存性のある薬物である。我慢できる程度の痛みでも薬を飲んでしまうと、耐性が出来て、我慢出来ない痛みの時に通常の量では薬が効かなくなる恐れがある。飲まなければならない薬も確かにあるが、飲まなくても大丈夫な薬を飲み続けることは、大きな危険をはらむ事になる。
    最近になってやっと、医療技術の面だけでなくほかの面も注目を集めるようになってきた。それは「自然治癒力」である。自然治癒力とは生体がストレス耐性により、傷の治癒や、病気になっても回復する力のことで、薬に頼らず、人間に備わっている治癒力を最大限に活用しようということである。自然治癒力を最大限に発揮する為には、患者のストレスを最小限に抑え、心身ともにリラックス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。