生活習慣病について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数467
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活習慣病について述べよ
    1996年に厚生労働省は、年とともに罹りやすいという印象を与えがちな「成人病」を「生活習慣病」と改めた。日常の食事や運動、休養、喫煙、飲酒などの習慣を改善することで発症を防ぐという一次予防重視の考えを広げることが狙いである。具体的な疾病として糖尿病、高血圧、悪性新生物(がん)、脳血管障害、心臓病などが含まれる。以下に詳しく述べる。
    1、がん
    わが国の1番の死因であるがんは、正常な細胞から生じた異常な細胞が、塊となって増殖し、移転し病状を悪化させ、死をもたらす病気である。異常細胞発生の危険因子として様々なものがあるが、3分の1は食生活、3分の1はタバコ喫煙に関係があると考えられているため、生活改善に努める必要がある。
    2、虚血性心疾患
    虚血性心疾患とは、何らかの原因で冠状動脈(心臓の筋肉に血液を運ぶ血管)に血流障害が生じて心臓の機能障害をきたしたものであり、狭心症と心筋梗塞に大別される。虚血性心疾患の最大の原因は後に述べる動脈硬化であり、この進行を少しでも遅くすることが大切である。また、敵愾心が強い、同時に二つ以上の仕事をする、食事が速い、といった行動をとりがちな人(A型行動パターン)も、虚血性心疾患に罹りやすいと言われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活習慣病について述べよ
    1996年に厚生労働省は、年とともに罹りやすいという印象を与えがちな「成人病」を「生活習慣病」と改めた。日常の食事や運動、休養、喫煙、飲酒などの習慣を改善することで発症を防ぐという一次予防重視の考えを広げることが狙いである。具体的な疾病として糖尿病、高血圧、悪性新生物(がん)、脳血管障害、心臓病などが含まれる。以下に詳しく述べる。
    1、がん
    わが国の1番の死因であるがんは、正常な細胞から生じた異常な細胞が、塊となって増殖し、移転し病状を悪化させ、死をもたらす病気である。異常細胞発生の危険因子として様々なものがあるが、3分の1は食生活、3分の1はタバコ喫煙に関係があると考えられているため、生活改善に努める必要がある。
    2、虚血性心疾患
    虚血性心疾患とは、何らかの原因で冠状動脈(心臓の筋肉に血液を運ぶ血管)に血流障害が生じて心臓の機能障害をきたしたものであり、狭心症と心筋梗塞に大別される。虚血性心疾患の最大の原因は後に述べる動脈硬化であり、この進行を少しでも遅くすることが大切である。また、敵愾心が強い、同時に二つ以上の仕事をする、食事が速い、といった行動をとりがち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。