『少子化』の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数656
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「『少子化』の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。」
     現在わが国は、少子化が始まってから50年がたとうとしている。次々に小学校が廃校となり、さらにはあの「ひのえうま」の年の出生率を下回るまでになってしまった。1993年には、少子化を改善すべく「エンゼルプラン」が制定されたが、成果は見られず減少していくばかりである。そして、少子化は社会だけでなく子どもの成長や発達にも大きく関わっている。近年、青少年の犯罪や理由のない殺人が増えているのも少子化からの影響が大きい。
     そういった様々な影響を及ぼす少子化の要因として、晩婚化や非婚率の上昇、価値観の変化、などが挙げられている。ではなぜ、少子化は留まる事を知らず、年々と減少の経過を辿っていくのだろうか?このようなことについてこれから論じていきたいと思う。
     わが国の出生率は第二次世界大戦後急激に減少し、第二次ベビーブームで増加したものの、その後減少し続け、209万人にまで上った出生数が1995年には199万人という最低の出生数を記録した。
     そして、出生数と同様に合計特殊出生率も減少している。第二次ベビーブーム時は2.14人だったが、1989年にはすでにひのえうまの年の合計特殊出生率を下回り、1998年には、1.29にまで減少し、最低記録を更新した。
     そんな、留まる事を知らない少子化の要因として、先に述べたようなことが挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「『少子化』の要因と児童に及ぼす影響について述べよ。」
     現在わが国は、少子化が始まってから50年がたとうとしている。次々に小学校が廃校となり、さらにはあの「ひのえうま」の年の出生率を下回るまでになってしまった。1993年には、少子化を改善すべく「エンゼルプラン」が制定されたが、成果は見られず減少していくばかりである。そして、少子化は社会だけでなく子どもの成長や発達にも大きく関わっている。近年、青少年の犯罪や理由のない殺人が増えているのも少子化からの影響が大きい。
     そういった様々な影響を及ぼす少子化の要因として、晩婚化や非婚率の上昇、価値観の変化、などが挙げられている。ではなぜ、少子化は留まる事を知らず、年々と減少の経過を辿っていくのだろうか?このようなことについてこれから論じていきたいと思う。
     わが国の出生率は第二次世界大戦後急激に減少し、第二次ベビーブームで増加したものの、その後減少し続け、209万人にまで上った出生数が1995年には199万人という最低の出生数を記録した。
     そして、出生数と同様に合計特殊出生率も減少している。第二次ベビーブーム時は2.14人だったが、198..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。