『児童の権利に関する条約』制度の背景と意義について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数511
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「『児童の権利に関する条約』制度の背景と意義について述べよ。」
    「スモーキー・マウンテン」と言う映画をご存知だろうか。この映画は、フィリピンにある巨大なゴミの山での出来事を題材に作られている。主人公は、ゴミやそれにたかる蝿ではなく、子どもたちである。子どもはゴミ山から古鉄商に売れるものを選び分け、それをお金に変えて生活をしている。食べ物のゴミは、飢えた時の食糧にしている。その様は人間ではなく、まるで野良犬か何かのように見える。それだけではない。インドの絨毯は有名だが、それらは全て子どもが1日10時間、毛くずを吸い込み、塗料の飛沫を浴びながら作ったものである。そんな苛酷な労働環境の所為で、目と指に障害を負う子どもや、20歳をこえずに亡くなる子どもが多くいた。光の祭典ディワリの祭りで使用されるおびただしい数の花火や爆竹を製造しているのも子どもたちである。この仕事には4歳の子どもが使われ、8歳になると爆薬を扱うようになる。ビディスと言う有名な小さなインドタバコを製造しているのも、子どもたちである。体が小さいことを利用され、一日中、大型タンカーの油層の内壁の掃除を、油の蒸気を吸い、タールまみれになりながら働いている。又、チクレットと呼ばれる、路上で靴磨きや新聞・ガム・タバコのバラなどを売って生活している子どもや、盗みを働き、カイドと呼ばれる頭に率いられたギャングに属すものも居る。家中ですら、子ども達は1日14時間から16時間の選択・炊事・掃除・床の手入れやアイロンかけ・買い物・姉妹

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「『児童の権利に関する条約』制度の背景と意義について述べよ。」
    「スモーキー・マウンテン」と言う映画をご存知だろうか。この映画は、フィリピンにある巨大なゴミの山での出来事を題材に作られている。主人公は、ゴミやそれにたかる蝿ではなく、子どもたちである。子どもはゴミ山から古鉄商に売れるものを選び分け、それをお金に変えて生活をしている。食べ物のゴミは、飢えた時の食糧にしている。その様は人間ではなく、まるで野良犬か何かのように見える。それだけではない。インドの絨毯は有名だが、それらは全て子どもが1日10時間、毛くずを吸い込み、塗料の飛沫を浴びながら作ったものである。そんな苛酷な労働環境の所為で、目と指に障害を負う子どもや、20歳をこえずに亡くなる子どもが多くいた。光の祭典ディワリの祭りで使用されるおびただしい数の花火や爆竹を製造しているのも子どもたちである。この仕事には4歳の子どもが使われ、8歳になると爆薬を扱うようになる。ビディスと言う有名な小さなインドタバコを製造しているのも、子どもたちである。体が小さいことを利用され、一日中、大型タンカーの油層の内壁の掃除を、油の蒸気を吸い、タールまみれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。