福祉専門職者に必要な能力について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,548
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「福祉専門職者に必要な能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。」
    福祉専門職者は、病気や怪我、後遺症などにより、日常の生活を健常者のように暮らすことの出来ない人たちを対象として行われる。多くの場合、そのような人々は様々な面で不安定な事情を抱えている。その人たちの生活全体に深く係りながら福祉活動を実践する福祉専門職者には、これら援助を必要とする人たちの生存権を保障するとともに、その個性を尊重し、発達の可能性を最大限に保障するなど高い「倫理性」が求められる。
     この「倫理性」について、「日本ソーシャルワーカー協会倫理綱領」の中で「人類普遍の原理に則り、福祉専門職の知識、技術と価値観により、社会福祉の向上と自己実現を目指す専門職」であると宣言している。ソーシャルワーカーは常に自己の専門的知識や技術の水準を維持向上させ、より効果の高い効率的なサービスが提供できるよう努めなければならないとし、その知識や技術が一般市民の社会生活上の向上に役立つよう、積極的に働きかけるなど、クライエントと社会に対して常に貢献していかなければならない。
     社会福祉の仕事が勝れて「人間的な仕事」とされ、又、とりわけ社会福祉の専門職者に対して専門性と共に高度の倫理性が求められる所以として、社会福祉の専門職者が他人のかけがえの無い人生に「援助者」として重大な影響を及ぼす位置に置かれていることが挙げられる。先にも述べた様に、福祉サービス利用者は、事情の相違はあるものの、大部分が生活困難な状況におかれている。困難や混乱を来した場合、人は安定した状態にあるときよりもはるかに他者からの影響を受けやすいといわれている。もし、福祉専門職者がサービス利用者の援助を第一に考えずに自己の利益や都合を優先する態度や行動をとった場合、福祉専門職者への信頼の低下はもちろん、社会的評価も低くなる。それだけならまだしも、利用者の生死にも深く係ってくるのである。だからこそ、福祉専門職者は厳しい法的規則の下に置かれ、常に社会福祉の基本理念に立ち返った深い自省が求められるのである。
     ではその福祉専門職者の倫理性が記された「ソーシャルワーカーの理念綱領」が定められた背景には何があるのだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉専門職者に必要な能力についてまとめ、自分なりの見解を述べよ。」
    福祉専門職者は、病気や怪我、後遺症などにより、日常の生活を健常者のように暮らすことの出来ない人たちを対象として行われる。多くの場合、そのような人々は様々な面で不安定な事情を抱えている。その人たちの生活全体に深く係りながら福祉活動を実践する福祉専門職者には、これら援助を必要とする人たちの生存権を保障するとともに、その個性を尊重し、発達の可能性を最大限に保障するなど高い「倫理性」が求められる。
     この「倫理性」について、「日本ソーシャルワーカー協会倫理綱領」の中で「人類普遍の原理に則り、福祉専門職の知識、技術と価値観により、社会福祉の向上と自己実現を目指す専門職」であると宣言している。ソーシャルワーカーは常に自己の専門的知識や技術の水準を維持向上させ、より効果の高い効率的なサービスが提供できるよう努めなければならないとし、その知識や技術が一般市民の社会生活上の向上に役立つよう、積極的に働きかけるなど、クライエントと社会に対して常に貢献していかなければならない。
     社会福祉の仕事が勝れて「人間的な仕事」とされ、又、とりわけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。