細胞周期の制御機構

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数1,374
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実験A:同調した細胞を用いたCdk1とMcm4タンパク質の解析
    目的
    細胞の同調とウェスタンブロッティングによる細胞周期に関わるタンパク質の解析を理解し考察する.
    試料・試薬
    10% Accrylamide/Tris HCl(pH8.0)/SDS, 5%Acrylamide/TrisHCl(pH6.8)/SDS,
    10%APS, TEMED, 100%エタノール, HeLa細胞, ノコダゾール, チミジン, SDS-電気泳動バッファー, トランスファー用ETBバッファー, メタノール, プレスティンドマーカー, セルスクレッパー洗浄用水, CSKバッファー, 2xSDS電気泳動用サンプルバッファー, メンブレン-ブロッキングバッファー, 抗体Anti-Cdk1入り溶液, 抗体Anti-MCM4入り溶液, Antibody wash buffer, 二次抗体Solution, 発色用基質Chromogenic Substrate (BCIP/NBT),イオン交換水
    器具・装置
    CO2インキュベーター,スイング遠心機,マイクロ遠心機,ヒートブロック,電気泳動装置,トランスファー装置,顕微鏡..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。