アンチトロンビンの精製,活性測定と構造解析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数24
閲覧数1,149
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ:アンチトロンビンの精製,活性測定と構造解析
    日程:

    第1日目(火曜日)
    実習A ヘパリンアガロースを用いたアフィニティークロマトグラフィーによるアンチトロンビンの精製

    第2日目(水曜日)
    実習A
    実習B ペプチドマップの作成とアミノ酸組成の分析
    B-1 HPLCによるペプチドマップの作成とペプチドの分取
    B-2 アミノ酸分析データからアミノ酸組成の計算

    第3日目(木曜日)
    実習C 手動エドマン分解法によるN末端アミノ酸配列(2残基)の決定

    第4日目(金曜日)
    実習D トロンビンとアンチトロンビンの活性測定
    D-1 トロンビン活性の測定(Amidase活性)
    D-2-4 アンチ論便のトロンビン阻害活性の測定Ⅰ-Ⅲ
    D-5 トロンビン活性の測定(凝固活性)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命科学実験(生体物質化学Ⅱ講座)
         担当教官:小出教授,若林准教授,谷口助教授
    テーマ:アンチトロンビンの精製,活性測定と構造解析
    日程:
    第1日目(火曜日)
    実習A ヘパリンアガロースを用いたアフィニティークロマトグラフィーによるアンチトロンビンの精製
    第2日目(水曜日)
    実習A
    実習B ペプチドマップの作成とアミノ酸組成の分析
    B-1 HPLCによるペプチドマップの作成とペプチドの分取
    B-2 アミノ酸分析データからアミノ酸組成の計算
    第3日目(木曜日)
    実習C 手動エドマン分解法によるN末端アミノ酸配列(2残基)の決定
    第4日目(金曜日)
    実習D トロンビンとアンチトロンビンの活性測定
    D-1 トロンビン活性の測定(Amidase活性)
    D-2-4 アンチ論便のトロンビン阻害活性の測定Ⅰ-Ⅲ
    D-5 トロンビン活性の測定(凝固活性)
    実習A ヘパリンアガロースを用いたアフィニティークロマトグラフィーによるアンチトロンビンの精製
    目的 アフィニティークロマトグラフィーによりウシの血漿からアンチトロンビンを精製し,その収率を求める.
    材料 硫安塩析(33-75%飽和)後,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。