第一次世界大戦

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,355
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一次世界大戦
    第一次世界大戦の原因は、ヨーロッパでの帝国主義の拡大と、バルカン半島での諸勢力の衝突にある。
    19世紀末、ヨーロッパで第二次産業革命と呼ばれる重工業の発展が進んだ。電気や石油といったエネルギー源が使われ、モーターやガソリンエンジンが発明された。重工業の発展は設備投資に巨額の費用を必要としたため大企業が出現し、政府の指導のもとで産業育成がなされた。また、大量のエネルギー源や安価な労働力が必要となったが、当時のヨーロッパはそれらに乏しかった。そのため後進国とされていたアジア・アフリカに資源や人手を求め、植民地化が進んだ。この現象を帝国主義という。
    第二次産業革命で発展したドイツも、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。