障害児の生理と病理 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数117
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    神経系の仕組みと働きついて説明せよ。
     ヒトも含めて生物は外世界から様々な刺激を受け、それを特定の感覚器にある細胞で受けとり、細胞はそれを電気信号に変換し、それを神経によって、体内に伝達し、処理していく。その刺激は末梢神経系を経て、大脳などの中枢神経系に伝達をされる。中枢神経系はその信号を処理し、情報として認知、判断し、筋肉などの効果器に命令を伝えて、反応が引き起こされる。
     例えば、外界から光、音、においといった刺激は、目、耳、鼻という感覚器にある視細胞、聴細胞、嗅細胞といった細胞で受けとられ、そこで電気信号に変換されて、視神経、聴神経、嗅球、といった特定の部分に伝達される。伝えられて信号は、その部分で処理されてどのような性質のものか認知、判断される。結果、次にとるべき行動を決定し、末梢神経(運動神経)に命令を出して筋肉の収縮運動など効果器における反応が生じる。
     人間の身体は常に外界からの刺激を受けとり、その性質を判断し、外界に向かって反応をする。
     人の神経系は中枢神経と末梢神経系から成り立っている。中枢神経は脳と脊髄を指し、末梢神経は中枢神経と身体の様々な場所を連絡している。末..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。