音楽概論4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数421
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わらべ歌の音の構造とリズムについて具体的に記述しなさい。
     わらべ歌は元来、子どもの日常生活、特に会話や遊びの中から自然に生まれてきたものである。子どもを取り巻く環境の変化とともに、遊びのあり方も以前と比べ大きく変化してきている。歌は子ども達の遊びのなかで自然発生的に生まれ、人から人へ地域から地域へと伝承されたり、また同じ旋律であっても歌詞が違って替え歌になっていることもある。その遊び方もまた多種多様である。
     日本では、古く童謡といったが、大正期の童謡運動以降、学校唱歌など同様と区別するためにわらべ歌と平仮名で表されるようになったようである。伝承の経路や各地方特有の性格をもっているわらべ歌..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。