国際関係論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数725
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    国際関係論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米国の経済覇権の弱体化に対する日本の国際経済戦略について
    1、国家機能中心主義
    1)前提
       国家機能中心主義はその国家一国での機能を中心としたもので、貿易、通貨、投資を一国内で循環させる帝国循環と呼ばれるものであり、社会主義国家に見られる特徴である。
    2)国際政治経済観
       国家機能中心は中央計画経済である社会主義に見られるものであり、その対極として資本主義の市場経済がある。社会主義は市場が発展し続けている限りは有効であるが、やはり市場の発展には貿易等による他国との協力は不可欠であり、一国のみで市場経済を成長させることは難しい。
    3)戦略
       今後の戦略としては根本的な問題として国家機能中心主義は発展の可能性が低く、資本主義経済への移行が必要であると考える。
    2、市場機能中心主義
    1)前提
       市場機能主義とは資本主義を前提とした市場を中心とする経済であり、金融、貿易、開発に対して市場が中心となり実践する。市場の発展につながる反面、市場の失敗は政府の失敗となる。今回の金融危機においても当初は米国の破綻による日本への影響は少ないと考えられていたが、ドルが基軸通貨である現在では市..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。