「脱施設化」についての考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,139
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における「脱施設化」は、将来の見通しが不確かな表面的なもののように感じざるを得ない。グループホームに入れない半数はフォローがなく、実質的には地域に追い出す形となっている。もちろん、50~300人収容されている施設で生活するよりも地域で暮らした方が当事者の主体性は守られる。「脱施設化」自体は評価すべきであると言えよう。しかし問題なのは、施設解体後の地域に馴染むまでの間である。
     今まで関わりのなかった異色の者達をはたして地域住民は簡単に受け入れるだろうか。おそらくアメリカの「NIMBY」のように、グループホームを立てようとすれば反対運動が起こるだろう。また無理にでも建設なり自立生活を始めても..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。