社会福祉援助技術の歴史と発展 hc用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,225
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術の歴史と発展過程
                            
    社会福祉援助技術の誕生は、イギリスの産業革命により、都市部で発生した貧困救済が始まりであるとされている。当時、イギリスでは、新救貧法という法律が制定されていたが、増大する貧民に十分な援助を行えていなかった。このため、民間人による慈善活動が救済の大きな役割を占めていたが、当時の慈善活動は、組織化されておらず、サービスの重複や救済が届かない貧困家庭が発生するなど、様々な問題が発生していた。
     このような現状を打破するために、救済の適正を図るべく誕生したのが、ロンドンにおける慈善組織教会(以下、COS)である。COSは、博愛精神を基盤とし、自治体ごとに組織された民間機関で、個々のケースのニーズに即した援助を行うという個別援助技術をもって、貧困救済にあたった。かくして、イギリスで誕生したCOSは、経済恐慌により、都市部に大多数の貧困者を抱えていたアメリカに舞台を移し、発展の一途を歩んでいくこととなる。
     アメリカのCOSにおける援助技術の発展を語る上で欠かせない人物が、今日、「ケースワークの母」として知られてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。