from tactics to strategy~物流産業の次なる戦略~

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数460
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    From tactics to strategy~物流業の次なる戦略~
    現代の企業にとって、物流の戦略的重要性はきわめて高くなってきている。「物流」という言葉・概念が生まれてからまだ半世紀程度しか経過していないが、その間にもロジスティクス、SCMといったさまざまな概念または戦略が考えられ、物流を単なるルーチンワークとして捉えるのではなく、高度化・効率化を目指す事業戦略として捉えられるようになった。そこでここでは、このような物流・物流産業の変化のあり方、もたらした要因を探っていき、これからの物流産業の経営戦略について考えていきたいと思う。
    ①サプライチェーン・ロジスティクス
    SCMの対象となるプロセスが多様化した(顧客管理、製品管理等)ことを受け、ロジスティクスの視点からサプライチェーンを捉えることを、サプライチェーン・ロジスティクスと呼ぶようになった。
    ②3PL
    米国のCLMでの定義では、3PLとは「企業のロジスティクスオペレーションのすべてあるいは多くを専門企業にアウトソーシングすること」とある。ロジスティクスをレベル別に分類すると、自社内物流はいわゆる1st party logis..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。