金融規制はなぜ始まったのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数177
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金融規制はなぜ 始まったのか 
     はじめに
    このレポートでは阿部悦生(著)の金融規制はなぜ始まったのかを読んで、その感想と要約を述べていきたい。
    目次
    ドイツ
    アメリカ
    フランス
    日本           
    の順に要約していく。
    阿部悦生(著)の金融規制はなぜ始まったのかでは、アメリカが一番始めに書かれているが私は興味のあったドイツの金融規制から述べていく。
                 ドイツ
    ドイツ恐慌の特徴は、31年7月の銀行恐慌が頂点に達する以前に、それに選考して産業恐慌が発生深化していたこと、産業恐慌に続いて銀行恐慌が発生したこと、最終的には金本位制の離脱にいたる金融恐慌として露呈したこと、すなわち産業恐慌から銀行強行へさらに金融恐慌へと連鎖的に深化していったことにある。産業恐慌の発生・深化過程を三つの側面から見てみる。 ①景気下降の累積的悪化を一時的に支えていた、輸出の急減、公的部門の投資減少、均衡財政の志向、新規投資の大幅減少、独占的大企業の生産・投資抑制による内外の需要が急減した。②組織的合理化投資による生産性向上の成果は、需要の急減と賃金の下方硬直化によって著しく制約され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。