ナレッジマネージメントレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数95
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学

    代表キーワード

    経営学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

        
     ナレッジマネージメントレポート
                    
       
    1.はじめに
    2.第二章のまとめ
    3.第十一章のまとめ
    1.はじめに
    今回「」を読んで第二章のサプライチェーン・マネジメント」と第十一章の「情報セキュリティとリスクマネジメント」について調べることにした。
                       
     2.第二章のまとめ
     SCMは、企業間情報ネットワークを基盤としており、一般的にSCMは特定少数の企業との、長期・継続的な関係に基づいている。 よってSCMは、パートナーシップを結んだ企業群が、情報技術を活用して調達、生産、販売、物流といった昨日を連携させながら、サプライチェーンとしての競争優位を実現する取り組みであると理解することも出来る。SCMの概念が提唱され始めたのは1980年代といわれおり、WINDOWS95の登場やインターネットの普及によってオープンな情報技術が広く使われるようになった。 SCMを導入する企業が増えている背景にはこのような情報技術の発展が大きく影響している。SCMが注目を浴びている背景には経営環境の変化が見られる。つまり、多品種少量..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。