生物学レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数353
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       
                 タンパク質合成とセントラルドグマ  
     
    タンパク質の性質は20種類のアミノ酸の並び方で決まる。 そしてこのアミノ酸の並び方を決めるのが、遺伝子の塩基配列であることが明らかになった。すなわち、遺伝子の情報がタンパク質として表現されるのである。 遺伝子=核酸であり、核酸の構造は4種類の塩基と、糖とリン酸から成る比較的単純なものである。 タンパク質の一時構造すなわちアミノ酸の配列を決めるのは、DNA分子の塩基の配列である。遺伝子は遺伝情報を4種類の塩基(A,G,C,T)を組み合わせた‘コードあるいは暗号’として持っている。 その遺伝コードにしたがって、特定のタン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。