メディアとしての自動車

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数412
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

      メディアとしての自動車     
     
      今日、自動車は安全、環境、エネルギーに関する多くの問題に取り囲まれている。そうした中、自動車は第一の移動するツールとして活躍しているが、現代の生活がどれほど自動車に支えられているかを忘れてしまっている人は多いようにみえる。そして、自動車は単なるツールとしてだけでなく、人間と世界の《間》に入り、表象を可能にするものとして、自動車もメディアとしての働きをしているのではないか。特に、二次メディアとして自動車について考えてみる。
     まず第一に、自動車の魅力とは何か考えてみる。それは、「移動のための道具」ということである。古代から、現代までの人類の文明の進歩は、情報通信の発達とともに、人の移動による情報流通によってもたらされた結果である。人が乗り物に移動して、新たな経験をしたり、人と会って情報を交換することは古代からの人間の欲求であると思う。自動車は、そんな欲求をみたすのに、役立っている。「移動のための道具」である自動車は、自分で操ることができるし、乗せてもらうこともできる。自動車は、自由に動いてどこかに行くという人間の夢を叶えてくれた道具なのだ。
    第二の魅力は、自動車が人間の力に比べて、きわめて大きな力を有する機械であるということである。人間の肉体の限界を超えて、自分の意思で自由に、速く、快適に移動できる機能を提供してくれる存在である。今日、このパワーは、人を時速百キロ以上で運んだり、一人で数十トンに達する荷物を運ぶことを可能にしている。大きなトレーラーを運転する運転手は、自分の体重の千倍近い重量をコントロールする場合もある。そして、自動車は一日に数百キロ、数千キロにもおよぶ旅を可能にしてくれるのである。すなわち、自動車は、体重六十キロ、おもいっきり走ってもせいぜい時速四十キロ~五十キロの人間の能力を解き放ち、自分の身体感覚が拡張するのである。
    第三の魅力は、それを個人所有することが可能だということだ。自分で気にいった自動車を購入し、街で走らせ使ってみる体験ができることは、他のプロダクトにはない大きな魅力であると思う。自動車は、自分でお金を支払って、その価値を確かめたり、自分で走ってみてその性能や社会的反響を確かめることができる。例えば、ガソリンスタンドで、「これはカッコいい車ですね」など言われたり、走っているだけで、歩行者が振り向いてまじまじと見られたりしたら、興奮を覚えるであろう。
    第四の魅力は、自動車が国際的に流通している商品であるということである。自動車に込めたメッセージが海を渡り、異なる文化の世界で受け取られるわけだ。自動車デザインは国によってさまざまである。ユニークさをもったフランス車、論理的で整然としたたたずまいを見せるドイツ車、大胆な個性を自由奔放に表現した米国車、少々やさしく繊細だけれど品質感あふれる日本車という具合である。自動車の場合は、メッセージが道具として機能する実体に込められており、自動車作りの文化の背景がそのままデザインとして表現されている。
    第五の魅力は、自動車が所有者の生き方の表現手段として使える道具であり、通常、公共の場で使用するものであるということだ。街で、人前その製品を使えるという、自動車の特性は独特なものである。どんなに素晴らしい冷蔵庫や洗濯機を持っていても、ふつう、人前で使うことはない。わざわざ見せる人も少ないだろうが、見せたいと思っても家を訪ねてきた人にしか見せることができない。しかし、自動車は常に衆目にさらされている。誰だれさんはこんな車に乗っているだとか、顧客よ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      メディアとしての自動車     
     
      今日、自動車は安全、環境、エネルギーに関する多くの問題に取り囲まれている。そうした中、自動車は第一の移動するツールとして活躍しているが、現代の生活がどれほど自動車に支えられているかを忘れてしまっている人は多いようにみえる。そして、自動車は単なるツールとしてだけでなく、人間と世界の《間》に入り、表象を可能にするものとして、自動車もメディアとしての働きをしているのではないか。特に、二次メディアとして自動車について考えてみる。
     まず第一に、自動車の魅力とは何か考えてみる。それは、「移動のための道具」ということである。古代から、現代までの人類の文明の進歩は、情報通信の発達とともに、人の移動による情報流通によってもたらされた結果である。人が乗り物に移動して、新たな経験をしたり、人と会って情報を交換することは古代からの人間の欲求であると思う。自動車は、そんな欲求をみたすのに、役立っている。「移動のための道具」である自動車は、自分で操ることができるし、乗せてもらうこともできる。自動車は、自由に動いてどこかに行くという人間の夢を叶えてくれた道具なのだ。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。