ヒートアイランド

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数518
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヒートアイランド      
     毎年毎年、夏の暑さが話題になるのは、確実に都市が熱くなっている証拠である。熱帯夜が続く大都市も、かつては涼しく過ごしやすかった。ヒートアイランドは、現在もたらされている都市生活者の環境問題である。
     まず、「ヒートアイランドとは何か?」述べていく。東京首都圏は、都心部1000万人とその周辺2300万人の人口を加えた3300万人が、半径60キロメートル内に居住している。明治時代の産業の興隆以降、高度成長期を経て都市には人口が集中し、都市域が拡大、地表面の人口被覆化、エネルギー需要の増加などさまざまな要因によりその周辺の大気に影響を与え、その結果として都市気候が形成された。その代表例として中心部の気温が郊外より高温化する現象が挙げられる。都市の内外で等温線を描くと、都市内部の高温域が地形図上での海に浮かぶ島の等温線のように見えることからヒートアイランド現象と呼ばれている。ヒートアイランドは、単に熱気団をつくり都市温度を上昇させるのみでなく、都市風という特別の都市気候を生み、都市にいろいろな影響を及ぼす。ヒートアイランドは、中心部が低圧となるため、周囲から汚染..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。