「生きる力」育成の観点からの学級経営とは?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,025
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導は、学習指導要領において指導内容や到達目標などは設定されていないが学習指導要領に示された指導計画作成において配慮すべき事項で、教育実践活動の中で重要な役割を持っている。そして人間が自己実現を果たしていく上で必要なものは、自力で問題を処理する能力・自己指導力(=生きる力)である為、個性に応じたその育成を目標にした教育活動でもある。特に発達途上の子供達に対しては旺盛な自己指導力が求められる。
    この力を育成する為には、子供達の年齢発達段階や学校の地域特性等に応じたきめ細かい指導が必要となる。教師は子供を一人の人間として接し、その個性を尊重し、それに応じた自己実現への援助、そして教育活動を統合する指導が大切になる。しかしその形態は一様でない。大別して消極的生活指導と積極的生活指導がある。前者はいじめや非行等の解決で、特定の子供に対する指導を目的で行われる。後者は、子供の自己肯定感や自立性を育成すると共に自己指導力の育成を目指す、全ての子供を対象とする指導である。これらは密接に関連しあうものだが、積極的指導は特に大切だ。なぜなら積極的指導は社会性を育て、これから先も自己実現が出来る様な資..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。