経営の基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数564
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・経営管理者の階層について述べよ。
    管理者を階層でわけると、最高者、中間管理者、下級管理者の3つにわけられる。 最高者は企業の存続に対して最高の責任を負う基本的な経営管理に最も深くかかわる企業のトップであり、日本では取締役、監査役、全般経営者で構成される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営の基礎
    ・経営管理者の階層について述べよ。
    経営管理者を階層でわけると、最高経営者、中間管理者、下級管理者の3つにわけられる。 最高経営者は企業の存続に対して最高の責任を負う基本的な経営管理に最も深くかかわる企業のトップであり、日本では取締役会、監査役、全般経営者で構成される。 取締役会は取締役全員により構成される合議制の機関であり、取締役の職務執行を監督する権限を持つ。取締役会の一般的な法定決議事項には、重要財産の処分と譲受、多額の借財、重要な使用人の選任と解任、重要な組織の設置・変更・廃止、ほか具体的な決議事項が個別に法定されている。しかし、多くの大企業では実質上の最高意思決定機関であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。