生活科教育法5題分 テスト問題&解答例

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数571
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0619 生活科教育法 (実践からつくる)
    ①生活科における「子どもの学びの道筋」について実践例をと通して述べよ。(その実践事例がどの学年のどの内容のものかを明記すること)
    第一学年「きれいな花をさかせよう」
    まず自分自身で育てる花を決める。この「決める」ということによって責任感と活動の意欲を深め、自然とかかわることで優しい心を、花を咲かせることで達成する自信を持たせることが出来るだろう。さらに、新しい植物を育てることにチャレンジするという子どもの意欲を育てる。そしてそれだけにとどまらず、人と人とのかかわりの中で(テキストの例では、家庭での手伝いなど)意欲的に行動ができるようになる。生活科での体験をもとに、ここで芽生えた意欲を他教科や生活につなげていくことのできる項目であろう。
    生活科は具体的な活動や体験を通して、自分と身近な社会や自然とのかかわりに関心をもち、自分自身や自分の生活について考えさせるなどして、自立への基礎を養うことをねらいとしている。
    具体的な学習活動、つまり、友だちや地域の人々、家族とのかかわりを通し豊かな心の育成。また、自分の体験を通して養われる自ら学び・自ら考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。