教育社会学 第1設題S0106

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数627
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。
     ⇒学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基礎として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。学歴は配分基準として考えられるのであり、論理的には「低学歴社会だが、学歴社会」という社会もありうるし、「高学歴だが、非学歴社会」という社会もありうる。つまり、学歴社会と高学歴社会とでは、その意味するところがまったく異なるものである。
     重要なことは、学歴社会が、ただ単に教育を重視する社会ではない、というとことである。現在、先進国、発展途上国を問わず、教育の充実は各国家、社会の重要課題の一つにあげられている。教育を重視する社会が「学歴社会」でない社会などこの世にそんざいしないことになってしまう。ただ単に、教育を重視すると言う意味以上のものが学歴社会の中の教育にはあるのである。
     学歴社会の発端は明治時代にある。それまでの身分社会では、身分階級が子どもの進路・職業を決定していた。しかし、大改革時代であった明治時代には、これまでの方法では必要とされる人材数が確保出来なかった。そのため、学歴社会・主義を、人材養成・登用のシステムが必要であった。 学校という場でのパフォーマンスに基づいて社会的・地位を割り振るシステムである、学歴社会を推し進めたことによって、国民の文化的基礎を整備する役割と、多方面に渡るリーダーを質量ともに安定する役割を果たしたのである。  なぜ学歴が重きを占めてかというと、それは仕事・会社の採用に深く関わっている。人の実力・能力を的確に測定することが非常に困難なためである。資格など定数化によって判断出来る能力もあるが、実力・能力を採用時に的確に計測することは難しい。また、実力・能力は環境などによって可変するものである。  そのため、実力・能力を測定する社会的指標として学歴が用いられた。
    現代社会では、あたかも公教育=教育との錯覚が生じがちである。つまり公的な教育システムとしての小学校や中学校や高等学校、短期大学、高等専門学校、大学で与えられる教育がすなわち、社会におけるすべての教育であるかのような錯覚である。しかし教育は本来より広いものであり、家庭におけるしつけや地域社会における学習(たとえば、コミュニティ・ベースのサッカークラブやお稽古事)も含むし、成人学級や公開講座なども含む。前者はinformal education、後者はnon‐formal educationと称される。学校で行われる教育は、教育全体の一部であり、すべてではない。さらに公教育システムで行なわれる教育は「学校で行なわれる教育」の一部を占めるに過ぎない。職場や企業で組織的に展開される研修や企業内教育もまた公教育とは別個の教育である。
    しかし、現実には公教育システムが、他の領域の教育を次つぎと取り込んでいくのが現代社会における教育の特徴の一つであり、しつけも学業もスポーツ活動も何もかも学校で展開されるようになっている。つまり公教育が肥大化し、非公教育の領域を次つぎと公教育の領域に取り込む、あるいは非公教育が公教育化されていくのである。その結果、学校の役割が大きくなり過ぎ、子どもの生活世界に占める学校の比重が重くなり過ぎることになり、これが現代社会における教育の大きな問題点の一つとなっている。
    これは他方で、学校教師の子どもに対する責任増大にも結びつく。つまり、社会のさまざまな機関・集団が担ってきた教育機能を学校が引き受ける

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。
     ⇒学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基礎として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。学歴は配分基準として考えられるのであり、論理的には「低学歴社会だが、学歴社会」という社会もありうるし、「高学歴だが、非学歴社会」という社会もありうる。つまり、学歴社会と高学歴社会とでは、その意味するところがまったく異なるものである。
     重要なことは、学歴社会が、ただ単に教育を重視する社会ではない、というとことである。現在、先進国、発展途上国を問わず、教育の充実は各国家、社会の重要課題の一つにあげられている。教育を重視する社会が「学歴社会」でない社会などこの世にそんざいしないことになってしまう。ただ単に、教育を重視すると言う意味以上のものが学歴社会の中の教育にはあるのである。
     学歴社会の発端は明治時代にある。それまでの身分社会では、身分階級が子どもの進路・職業を決定していた。しかし、大改革時代であった明治時代には、これまでの方法では必要とさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。