体育概論設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数479
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    設 題
     ⇒安全に関する学習指導上に占める
    「体育」の重要性について述べよ
     すべての人間が受ける災害は、肉体的、精神的、経済的な負担を重くし、以後の生活に大きな制約を及ぼすことはいうまでもない。
    このため「生命の尊重にかかる事故および他人の安全を確保する」ための基本的な要素である安全教育は、学校教育に大きな比重を占めるのも当然であろう。
    しかし、事故、災害の発生を未然に防ぐことに配慮するあまり、過度に神経質になったり、日常の活動や学習指導の展開が消極的になるようなことがあれば、教育の本質を否定する誤った結果を招きかねない。この点、特に「体育」では、安全に身を処するための身体の支配能力、安全に関する知識・理解、安全に対するモラルの向上、情緒の安定などを目指して積極的に指導されなければならない性質のものであろう。
     このことを受けて、小学校の安全教育については、学習指導要領及び安全に関する文部省通達の趣旨にもとづいて各教科、特別教育活動、学校行事(特別活動)等の活動を通じて効果的に指導されるべきである。
     安全教育とは、安全に関する知識・理解を深め、安全な行動をとり得るような能力や、態度を身につけ、これらの習慣化をはかることを目的として、内面的に、間接的に働きかけるものである。
    一方、安全管理とは、児童の活動に関与する施設、設備、用具などの環境の点検や整備とともに、これらの使用に関するルールをつくったり、安全に冠する指導・管理のための組織など事故防止をはかろうとする外面的で直接的な働きかけである。
     事故の発生は、安全に対する意識の低さが主な原因であることはいうまでもない。この意識を高めるためには、学校・家庭・社会が一丸となって積極的にすすめるべきである。「○○してはいけません」「○○を守りましょう」的な形式的で消極的な方途では、児童が自主的に「考え」・「理解し」・「行動する」というような習慣形成は出来ないし、安全意識を高めることもできない。
     やはり、「こうしたら安全だ」という積極的な心構えで行動するように指導することが、安全な行動のとれる能力や態度の定着化をはかれることになる。
     このような積極的な指導とあわせて、安全に活動が出来るように整備した環境をつくりあげる安全管理の必要なこともいうまでもない。小学校における安全教育と安全管理の比重をみると、低学年では、知識・モラル・身体支配能力に乏しいので、安全管理が大きな比重を占め、学年の推移とともにそれぞれの能力も高まるので、安全教育の比重を大きくしていくべきであろう。
     児童が事故・災害に遭遇した状態を分析すると、そのほとんどは児童の不安全な行動に起因していることが多い。一口に安全な行動といっても、その成り立ちは複雑である。
    「あわてて階段を駆け下り、つまづいて転倒し、腕を骨折してしまう」このような事故・災害は、児童の学校生活において非常に多いものである。このことについても、階段を駆け下りても転倒しない、または、転倒しても大事を小事にとどめるだけの身体の活動能力があれば骨折をしなくてすむであろうし、一方、廊下や階段で走ることは危険であるので、静かに歩くことの必要性を理解して、それを守るモラルがあれば、事故を未然に防ぐことが出来るだろう。
    このように知・徳・体が三位一体となってはじめて行動の安全化をはかることができる。これら三位一体(知・情・意・体の把握と同様に人間性の総体としての意味)となることは、危険な事象を事前に察知することのできる危険予知能力を具備させることになる。
    本来、一番大切なことは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒安全に関する学習指導上に占める
    「体育」の重要性について述べよ
     すべての人間が受ける災害は、肉体的、精神的、経済的な負担を重くし、以後の生活に大きな制約を及ぼすことはいうまでもない。
    このため「生命の尊重にかかる事故および他人の安全を確保する」ための基本的な要素である安全教育は、学校教育に大きな比重を占めるのも当然であろう。
    しかし、事故、災害の発生を未然に防ぐことに配慮するあまり、過度に神経質になったり、日常の活動や学習指導の展開が消極的になるようなことがあれば、教育の本質を否定する誤った結果を招きかねない。この点、特に「体育」では、安全に身を処するための身体の支配能力、安全に関する知識・理解、安全に対するモラルの向上、情緒の安定などを目指して積極的に指導されなければならない性質のものであろう。
     このことを受けて、小学校の安全教育については、学習指導要領及び安全に関する文部省通達の趣旨にもとづいて各教科、特別教育活動、学校行事(特別活動)等の活動を通じて効果的に指導されるべきである。
     安全教育とは、安全に関する知識・理解を深め、安全な行動をとり得るような能力や、態度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。