現代の「教師に求められている資質とは何か」についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,269
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の「教師に求められている資質とは何か」についてまとめなさい。
    子供の学校教育は小学校入学から始まる。その時点からの教育に携わるのが教師であり、子供に良くも悪くも大きな影響を与える存在ではないだろうか。教育者である「教員」に求められている資質について、述べたいと思う。
     あらゆる教育の問題は教師の問題に帰り着くと言われるように、日々子どもたちに直接接し、指導に当たる教員には、めまぐるしい変化を遂げる新しい時代を生きる子どもたちを心豊かに育てることのできる優れた資質能力と実践的力量を有する人材が、今日強く求められている。そして子供たちに「生きる力」をはぐくむことを基本とするこれからの学校教育の実現に目を向けた時、教員の資質・能力の向上をはかっていくことが、子どもたちの「生きる力」をはぐくむための教育に必要不可欠であると訴えられている。また学校教育における基本的な考え方の転換に向けた教員の意識改革もまた重要なものであることが指摘されている。
    その重要な教育を実現するためには、子供たちの「生きる力」を伸ばすことのできる豊かな人間性、専門的な知識・技術や幅広い共用を基盤とする実践的な指導力を培うよう、教員の養成、採用、研修の各段階を通じ、施策の一層の充実を図ることが必要である。教員に求められる資質・能力については、学校段階により異なるものであるが、教員の養成・研修を通じて、教科指導や、生徒指導、学級経営などの実践的指導力の育成に、より着目することが必要であると考えられる。特に、今日のいじめや登校拒否などの深刻な状況を踏まえるとき、教員一人一人が子供の心を理解し、その悩みを受け止めようとする態度を身につけることは極めて重要である。
     そして、教育職員養成審議会は、1997(平成9)年7月28日、第一答申「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」の中で、教員に求められる資質能力を以下のように述べている。
    今後特に教員に求められる具体的資質能力は大きく分けて次の3つに分けられる。
    ①地球的視野に立って行動するための資質能力
    ②変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力
    ③教員の職務から必然的に求められる資質能力
    では上記の3つについて、1ずつ掘り下げていこうと思う。
    まず①の地球的視野に立って行動するための資質能力は、以下3つに分類される。
    <1>地球、国家、人間等に関する適切な理解
    これは地球観、国家観、人間観を指し、個人と地球や国家の関係について適切に理解をしていることと、そして社会・集団における規範意識を身につけていることが求められていることを示している。
    <2>豊かな人間性
    これは、人間を尊重・人権尊重の精神を指している。男女平等の精神や思いやりの心、ボランティア精神など、自分以外の誰かを思う心の豊かさを示しているものである。
    <3>国際社会で必要とされる基本的な資質能力
    考え方や立場の相違を受容し多様な価値観を尊重する態度、国際社会に貢献する態度、時刻や地域の歴史・文化を理解し尊重する態度の必要性を指したものである。
    次に②の変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力について述べていきたい。この求められている能力も3つに分けられる。
    <1>課題解決能力等に関わるもの
    これは個性、感性、想像力、応用力、論理的思考力、課題解決能力、継続的な自己教育力を指すものである。
    <2>人間関係に関わるもの
    社会性、対人関係能力、コミュニケーション能力、ネットワーキング能力が求められている。
    <3>社会の変化に適応するための知識および技能
    自己表現能力(

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められている資質とは何か」についてまとめなさい。
    子供の学校教育は小学校入学から始まる。その時点からの教育に携わるのが教師であり、子供に良くも悪くも大きな影響を与える存在ではないだろうか。教育者である「教員」に求められている資質について、述べたいと思う。
     あらゆる教育の問題は教師の問題に帰り着くと言われるように、日々子どもたちに直接接し、指導に当たる教員には、めまぐるしい変化を遂げる新しい時代を生きる子どもたちを心豊かに育てることのできる優れた資質能力と実践的力量を有する人材が、今日強く求められている。そして子供たちに「生きる力」をはぐくむことを基本とするこれからの学校教育の実現に目を向けた時、教員の資質・能力の向上をはかっていくことが、子どもたちの「生きる力」をはぐくむための教育に必要不可欠であると訴えられている。また学校教育における基本的な考え方の転換に向けた教員の意識改革もまた重要なものであることが指摘されている。
    その重要な教育を実現するためには、子供たちの「生きる力」を伸ばすことのできる豊かな人間性、専門的な知識・技術や幅広い共用を基盤とする実践的な指導力を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。