人間関係 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,578
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育人間関係領域

    代表キーワード

    保育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1、現代社会の人間関係
     日本では、少子化と核家族化が進行している。子どものいる世帯の8割以上が一人っ子、二人っ子という少子家族である。きょうだい関係は、最初のライバルであり、けんかをしたりしながらも、日々ふれあう中で、分け合う事やゆずり合う事、手加減する事などを学び合うことができる。しかし、一人っ子の場合は、そのような経験を得ることは難しい。また、地域の子どもが減り、遊び仲間が減った事で、集団で遊ぶ機会が少なくなった。友達同士で思いきり言いあったり、仲直りしたりという経験が少ないと、自己主張やルールの必要性などを学ぶことができなくなり、健全な社会性の発達が阻害されてしまうのだ。
    2、領域「人間関係」
     こうした現代社会の中で、子どもをとりまく環境もかつてとは変わっており、人と人とのつながり、心のふれあいは失われがちである。そんな中、文部省は、他の人びとと親しみ支えあって生活する為に、自立心を育て、人とかかわる力を養うという観点から、領域「人間間係」を設けた。そのねらいとしては、①自主性や自立心を育てる事、②人との関わりを育てること、③生活の仕方やきまり、ルールなどを育てる事、の大き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。