小児保健①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数501
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     胎児は、全てが真っ白の、「0」の状態でこの世に生まれてくるのだという説があった。しかし、最近の研究では、胎児は白紙で生まれてくるのではなく、個性を持って生まれてくるということが明らかになってきたのである。産婦人科学に革命をもたらしたのは、超音波診断装置という医療器具の発明であった。これにより、今まで見ることが出来なかった胎児の姿が映し出され、その生活ぶりを観察できるようになった。驚くべき事に、胎児は空腹を感じると指しゃぶりを始め、音楽を聞かせると笑みを浮かべるという。このような胎児の様子から、感覚や自我もある程度発達している事が想定できる。研究の結果、胎内環境は、従来に比較してはるかに重要なことがわかってきた。
     <胎生期の分類>
     初めに確認しておくと、胎生期とは、受精から生まれるまでの母親のお腹の中にいる期間のことである。また、胎生期は二つに分けられ、受精から8週までを胎芽期、8週以降を胎児期と呼ぶ。体の組織や器官は発育が活発な時ほど障害を受けやすい。胎芽期は、奇形発生の可能性が高く、胎児期には、機能障害の可能性が高くなる。
     <胎生期にはどのような意義があるのか>
     ・子宮外生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。