乳児保育レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,874
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       『0、1、2歳児の発達の特徴について』
    始めに発達の定義について確認しておく。発達とは、身体発育や成長等の「身体的な増大」と、精神面や運動などの「機能面の変化」を総合的にみたものである。しかし、発達の速度には個人差がみられる。また、運動機能は発達していても言語が発達していないなど、一人の子どもをとっても非常に複雑である。すなわち、いろいろな側面から観察し、発達の過程を大切にしていくべきである。
     子どもは、母体から外界への環境の変化に適応する力をもって産まれてくる。しかし、生活の全てを大人に依存しなければ生きていくことは出来ない。そのため、大人がどのように援助していくかが、乳児の発達においてとても重要になってくる。乳児は、快・不快などの感情を、泣くことで表している。そこで大切なのが大人との温かく豊かな相互応答である。この相互応答により形成された愛着が、対人関係の第一歩となり、子どもの豊かな感情が育っていくのである。
    <6ヶ月未満児の発達の特徴>
    ・身体的な増大
    月齢が低いほど体重や身長の増加が大きいため、著しい発育、発達が見られる。生まれてすぐは生理的な体重減少がみられるが、3、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。