米文学研究<題1設題>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数518
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーントン・ワイルダー作『わが町』の主題について述べよ。
    この劇は、「幕なし。装置なし」といったスタイルで展開される。もちろん場面は変わってゆくが、椅子やテーブル、梯子やベンチといった最小限の小道具だけをうまく使用し、観客には、あたかもその場面が先ほどと変化したかのように感じさせるのである。つまり、観客は今どの場面であるかを告げられるだけでよい。また小道具類は、道具方によって移動や設置をされるが、舞台監督がそれをする場合もある。
    主な登場人物としては、ギブズ夫妻とその長男ジョージ、ウェブ夫妻とその長女エミリー、そして進行役でもある舞台監督である。舞台監督はこの劇中にて、様々な役割を担っている。1つ目には先に述べたように、小道具類の移動や配置、2つ目には劇の進行役としての語り手、そして3つ目には登場人物として演技をするといった役割である。進行役(=語り手)として、この劇の始めに登場して挨拶をし、この劇を最後に締め括るのも彼である。
     この劇は、その舞台がすべてニューハンプシャー州のグローヴァーズ・コーナーズという町であり、そこで人々によって繰り返される日々が描かれている。
     第一幕<日常..

    コメント1件

    noa 販売
    合格済みです。
    2009/05/09 20:37 (7年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。