米文学史<第2設題>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数734
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。
     戦争に参加し、その体験を身に背負い、アメリカに帰った後に再びヨーロッパに渡った人物達は、ロスト・ジェネレーションに属すると言われている。そして、そういった人物達を扱った作家が、ロスト・ジェネレーションの作家なのである。以下に、その代表的な作家達を、作品を取り上げながら述べていく。
     ガートルード・スタイン(Gertrude Stein,1874-1946)は、1920年代の若いアメリカ作家達に大きな影響を与えたことで知られている。そしてロスト・ジェネレーションという言葉をアメリカ文学史の中に定着させたきっかけを作った人物でもある。彼は作家として、1909年に『3人の女性』(Three Lives)という短編集を出版した。これは「良き人アンナ」「やさしいレナ」「メランクサ」('The Good Anna’, ‘The Gentle Lena’, ‘Melanctha’)の三つの物語からなる作品で、数少ない登場人物の関係が描かれていて、文体も単純な文の反復である。スタインの作品としては、ほかに詩集『テンダー・ボタン』..

    コメント1件

    noa 販売
    A判定を頂きました。
    2008/11/19 10:08 (8年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。