米文学史<第1設題>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数589
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
     エドガー・アラン・ポーは、その短い生涯において編集者として活躍した。しかし彼の、詩、短編小説、批評の三つの分野にわたる創作意欲はすさまじいものがあった。まず短編小説について述べる。日本では、ポーという名前を聞くと、探偵小説家、または推理小説家といわれがちだが、これはあくまでポーの描く一分野である。彼の小説は大体、(1)恐怖を狙ったもの、(2)美的または詩的なもの、(3)推理もの、の三種類に分けられる。(1)としては、「びんの中の手記」(M.S. Found in a Bottle,1833)や、「ライジア」(Ligeia,1838)、「アッシャー家の崩壊」(The Fall of the House of Usher,1839)、「ウィリアム・ウィルソン」(William Wilson,1839)、「メールストロームの旋渦」(A Descent into the Maelstrom,1841)、「黒猫」(The Black Cat,1843)、「もの言う心臓」(The Tell-Tale Heart,1843)、「穽と振子」..

    コメント1件

    noa 販売
    A判定を頂きました。
    2008/11/19 10:08 (8年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。