社会調査をするときの必要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査をするときの必要性について「標本と母集団」というのを用いて論じなさい。
    社会調査は、コストや時間のかかる全数調査よりも、標本調査と呼ばれる、全数調査よりも少ないデータを得る調査をする場合が多い。よって、調査対象全体の集団である母集団から標本を抽出し、標本調査を行った後、少ないデータから論じるために母集団を推定するという過程が必要なのである。
    標準偏差と不偏標準偏差のそれぞれの定義式を記し、後者がなぜ不偏なのかを説明しなさい。
    各データの数値をxi(i=1,2,3,……n)、その合計をΣxi、データ数をn、平均値をエックスバー(xの上に線を引くやつ)、標準偏差をSDとしたとき、
    エックス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。