「安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,356
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。」
     小学校の体育科は、小学校教育目標のうち「健康・安全で幸福な生活のために必要な習慣を養い、心身の調和的発達を図ること。」(学校教育法第18条の第7号)を主たる使命としていると考えられる。もちろん、この教育目標は体育科だけで達成されるものではなく、学校の教育活動全体で、実現されるようにすべきである。この意味で、小学校学習指導要領の総則に「学校における体育・健康に関する指導は、学校の教育活動全体を通じて適切に行うものとする。特に、体力の向上及び心身の健康保持の保持増進に関する指導については、体育科の時間はもとより、特別活動などにおいてもそれぞれの特質に応じて適切に行うよう努めることとする。また、それらの指導を通して、家庭や地域社会との連携を図りながら、日常生活において適切な体育・健康に関する活動の実践を促し、生涯を通じて健康・安全で活力ある生活を送るための基礎が培われるよう配慮しなければならない。」と定めている。このことは、学校の教育活動全体を通じて体育の重要性が強調され、安全が重視されている。つまり、とりなおもせず、体育科における安全の重要性を物語っていると考えられる。
     また、体育科は「生命の尊重にかかる自己及び他人の安全を確保する」ための安全教育の基本的な要素を含み、学校教育に大きな比重を占めているといえる。そのため、安全教育は、事故や災害の発生を未然に防ぐことを配慮するあまり、消極的な日常の活動や学習指導になってはならない。つまり、安全に身を処するための身体の支配能力、安全に関する知識・理解、安全に対するモラルの向上、情緒の安定などを目指して積極的に指導されねばならないのである。
     事故の発生は、安全に対する意識の低さが主な原因である。この意識を高めるためには、小学校学習指導要領の総則にもあるように、学校・家庭・社会が一丸となり積極的に進めること。それと、「こうしたら安全だ」という積極的な心構えで行動するように指導することが、安全な行動のとれる能力や態度の定着化を図れるのである。その上に、安全に活動が出来るように整備した環境をつくりあげる安全管理が必要である。
     また、事故発生のほとんどが、児童の不完全な行動によって、起こっていることが多い。このことは、転倒しても、大事を小事にとどめる身体の活動能力を身につけること。それと、廊下を走ることは危険であるので、静かに歩くことの必然性を理解すること。すなわち、安全に対する知識の理解。そして、それを守るモラルをもつこと。つまり、安全に対する道徳性の定着化である。これらの定着化によって、初めて行動の安全化を図ることができる。そして、危険なことを事前に察知することができる危険予知能力をも身につけることが出来るのである。この危険予知能力を高めるため、今まで、述べてきた安全教育・安全管理のより一層の充実が必要なのである。
     以上のように、体育科は、現在及び将来の安全生活に必要な知識を習得させ、望ましい習慣や態度を育成することに中核的な役割を果たしているといえる。
     では次に、危険予知能力を高めることを踏まえ、学習意欲を喚起させつつ、常に安全な行動を意識することの出来る学習の展開について考える。
     体育の時間に対して、不快な感情をもっていては安全な行動をすることは難しい。そこで、体育の時間が楽しく出来るような学習の展開が必要である。それには、課題志向がよいと考える。なぜなら、課題に集中することによって、他人や平均値などと比べることはなく、個人の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ。」
     小学校の体育科は、小学校教育目標のうち「健康・安全で幸福な生活のために必要な習慣を養い、心身の調和的発達を図ること。」(学校教育法第18条の第7号)を主たる使命としていると考えられる。もちろん、この教育目標は体育科だけで達成されるものではなく、学校の教育活動全体で、実現されるようにすべきである。この意味で、小学校学習指導要領の総則に「学校における体育・健康に関する指導は、学校の教育活動全体を通じて適切に行うものとする。特に、体力の向上及び心身の健康保持の保持増進に関する指導については、体育科の時間はもとより、特別活動などにおいてもそれぞれの特質に応じて適切に行うよう努めることとする。また、それらの指導を通して、家庭や地域社会との連携を図りながら、日常生活において適切な体育・健康に関する活動の実践を促し、生涯を通じて健康・安全で活力ある生活を送るための基礎が培われるよう配慮しなければならない。」と定めている。このことは、学校の教育活動全体を通じて体育の重要性が強調され、安全が重視されている。つまり、とりなおもせず、体育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。